■コロナ蔓延防止と緊急事態宣言発令に伴う施設利用に関する制限について(2021年5月31日まで延長)

■2021年5月6日(木)と2021年11月24日(水)は休館日です
それに先立つ火曜日が祝日で開館するため、振替での休館となります。あらかじめご了解ください。

【最新のお知らせ】

行事予定

竹のぽっくり作り体験

竹のぽっくり作り体験

【終】榎本英剛さん出版記念講演会

日本でトランジションタウンを立ち上げた、榎本英剛さんが「僕らが変わればまちが変わり、まちが変われば世界が変わる」出版記念講演で全国を巡っています。市民が協力して「自分たちの必要なものは自分たちで作る」ための本です。


このサイトの内容一覧

情報

最新のお知らせ、里山ねっと・あやべからの発行物などを掲載し、情報を発信していきます。

施設

綾部市里山交流研修センターの施設についてご紹介します。里山交流館(小学校時代の鉄筋本館)、寄付にもとづいて建設された幸喜山荘、また旧体育館の解体とそのあとに実施されている施設改装、とくに京都府内産材を活かした森の京都拠点施設「森もりホール」そしてその周囲の外構改装についてご紹介しています。

利用

綾部市里山交流研修センターの利用方法についてご案内します。綾部市で定めた管理条例・管理規則にもとづいて指定管理者である里山ねっと・あやべが施設の利用を受け付けています。貸館のご利用、宿泊のご利用などについてご案内します。

交流体験

里山ねっと・あやべでは、綾部市里山交流研修センターとその周辺の里地里山そして綾部の人と自然の魅力を活かした交流体験を企画しています。

紹介

綾部市里山交流研修センターと周辺環境の紹介です。センターの歴史とその周辺の人と自然、指定管理者である特定非営利活動法人 里山ねっと・あやべについて、また綾部市の水源の里条例や定住サポート総合窓口、京都府の「森の京都」施策などについてご紹介します。

連絡

連絡・質問はこちらから

「将来を担う子供たちをメインターゲットとした、森林や里山・農村の機能や可能性を学び実体験できる交流拠点づくり」――『「森の京都」綾部市マスタープラン』

里山ねっと・あやべWEBサイト