郷土伝承「三坂峠悲話」  

「語り部」高倉敏明さんがわかりやすく解説してくださいます

綾部市鍛治屋町から福知山市報恩寺地区につながる三坂峠には、戦国時代に、戦火から逃れる母子が峠で斬られたという悲話が伝わります。刀を洗ったという「みたち池」などの現地案内をふくめ、地元の「語り部」高倉敏明さんが解説してくださいます。

【体験料】参加者ひとりあたり税込3,000円

三坂峠悲話(高倉敏明さん)

郷土の昔話「小畑六左衛門」の紙芝居

案内=高倉敏明さん(地元の語り部)

郷土の昔話「三坂峠悲話」

案内=高倉敏明さん(地元の語り部)

里山ねっと・あやべWEBサイト