ホームHome 紹介About 周辺環境 Environment 重要里地里山 Typical Satoyama

生物多様性保全上重要な里地里山

綾部市里山交流研修センターの立地する綾部市豊里西地区は2015年12月、環境省の生物多様性保全上重要な里地里山(略称「重要里地里山」)に選定されました。


以下、環境省WEBより
https://www.env.go.jp/nature/satoyama/26_kyoto/no26-4.html

■選定理由

由良川中流のなだらかな丘陵地に、里山、農地、集落が一体となった昔ながらの農村風景と地域の風習が残る農山村地域である。アカマツ・コナラを中心とした里山林や、ため池・水路の残る水田などを含むモザイク状の土地利用が維持されており、メダカやホタル、ニリンソウなど里地里山に特徴的な動植物が多く見られる。また、豊かな里地里山生態系のシンボルであるサシバの生息も確認されている。

■保全活用状況(取組状況)

耕作放棄地が比較的少ない状態で田畑が耕作されているほか、丘陵を茶畑として活用(小西地区)、NPOや企業による竹林整備(鍛治屋地区)、住民や企業による里山散策道整備やミツバツツジの群落鑑賞登山(小畑地区)などが行われている。

■活動主体

地元住民、NPO法人里山ねっと・あやべ、グンゼ株式会社

■その他参考情報

廃校活用施設「綾部市里山交流研修センター」があり、その指定管理者「NPO法人里山ねっと・あやべ」により里山の自然と人を素材とした交流体験活動が行われている。小畑町では里山にミツバツツジの群落があり、地元住民を中心とした散策道整備により、里山の植物に親しむ体験が可能である。

近隣林業施設 Neighbours

近隣林業施設 Neighbours

重要里地里山 Typical Satoyama

綾部市里山交流研修センターの立地する綾部市豊里西地区は、生物多様性保全上重要な里地里山(略称「重要里地里山」)に選定されました。

里地里山保全再生モデル事業

里地里山保全再生モデル事業

花しょうぶ園ともみじ公園

花しょうぶ園ともみじ公園

里山散歩まっぷ

里山散歩まっぷ

モデルフォレスト活動

モデルフォレスト活動

Powered by concrete5 with
C5BOX Framework theme

里山ねっと・あやべWEBサイト >>VER.01 >>VER.02 >>VER.森の京都博(2016)