「森の京都」に伴う施設改装について

この一帯は、京都丹州木材市場や森林組合京都木材加工センター、ふるさと振興組合「空山の里」なども立地し、「森の京都」綾部市マスタープランで「森の京都・綾部市西部里山交流エリア」として位置づけられて、整備が図られています。

平成26年8月に体育館等の旧木造校舎が被災し、今後の整備について検討が開始されました。9月に京都府から「森の京都構想」が示され、本市では同年10月に有識者による「森の京都」綾部協議会を設立し、「森の京都」綾部市マスタープランが策定されました。

同プランにおいて、里山交流研修センターを本市における森の京都の拠点施設として整備することが位置づけられ、関係者によるワークショップを開催する中で、施設整備の基本方針を固め、2017年3月に整備工事が終わりました。


平成26年 8月 豪雨による裏山崩落により体育館等が被災

〃  11月 「森の京都」綾部マスタープランを策定し、拠点となる新施設整備を計画

平成27年 7月 体育館等解体工事(15,897,600円) 完了

〃  11月 新施設整備工事設計業務委託(10,584,000円)発注

平成28年 8月 新施設整備工事  着工 29年3月完成(総予算額 195,025千円)

改装後の綾部市里山交流研修センター
改装後の綾部市里山交流研修センター

施設の空撮画像
改装後の綾部市里山交流研修センター

「みんなでつくる綾部市里山交流研修センター」

(事務局より)
今回、綾部市里山交流研修センターでは施設と敷地双方に大きく改装が加えられました。とはいえ設計要件に入っていない部分もありますし、竣工後も更に充実するよう運用面で色々と手を加えていくことになります。森の京都ワークショップでは「みんなでつくる綾部市里山交流研修センター」というコンセプトも出されました。例えば本棚に森や里山の書籍を並べたり、小学校時代の看板を活用し直したり、花壇に肥料を入れたり……色々な作業が考えられます。もとより事務局は最大限に尽力しますが、施設を愛用いただく利用者の皆様の協力もいただき、皆が愛着をもって育てていける施設にできればと考えています。そしてそうした作業自体が田舎の人と自然の魅力を感じ、里山での生活を学ぶ体験にもなる。そして綾部の里地里山を守り育てる体験や活動につながっていく。そんな出発点の場所にできればと思います。

関連して、以下のページもご参照ください。
裏山を整備し、その恵みを敷地に活かそう~くすのき自然楽校プロジェクト


綾部市里山交流研修センター・施設改装パース図
綾部市里山交流研修センター・施設改装パース図(クリックで拡大)

 

施設改装について Renewal

2016年度の施設改装について

旧・体育館(解体) Past Gymnasium

旧・体育館・職員室(解体) Past Gymnasium

歴史年表 History

綾部市里山交流研修センターの歴史

Powered by concrete5 with C5BOX Framework theme

里山ねっと・あやべWEBサイト >>VER.01 >>VER.02 >>VER.森の京都博(2016)